司法書士 東京総合法務事務所

債務整理 自己破産

 債務整理と自己破産は別のものではなく、債務整理としての自己破産という言い方が正しいです。

自己破産は任意整理でも個人再生でも処理しきれない(債務を返済できない)
場合にとられる債務整理で、一番重たい方法と言えます。

裁判所に認定されると、一応原則的には法律上借金の支払い義務が免除される手続になります。


これのことは免責といわれますが、自己破産後は借金に追われることなく、
稼いだ収入は生活費に充てることができるという事です。

一方制約は出てきますので、まったく自由というわけにはいきませんが
返済不能状態時は別の意味で自由さはないと思われますので、
「自由のない生活」と言うと語弊がありますが、同じ制約のある生活を送るのであれば
借金に追われることのない暮らしの方が、はるかに精神的安らぎが得られることは
おそらく間違いないことでしょう。

本来ならそこまで行く前に相談するのが望ましいのでしょうが・・・。