司法書士 東京総合法務事務所

債務整理 自己破産 違い

 債務整理の種類の中で、最終手段に位置づけされるのが「自己破産」。

自己破産は返しきれなくなるほど借金の額が膨らみ、過払い金返還や支払いの延長措置等では
対処できない場合で、しかも借金額が数千万どころではなく下手すれば億単位ということに
なっていることも少なくないようです。

それを裁判所の手を借りることで「残っている財産を売却するなどでを清算します」、
「その代わりに借金を免除してください」という手続きになります。

実は聞くところによりますと、最初は充分返済できる範囲での借金が、
途中思うように進まず返済できる状況を超え、借金が雪だるま式にどんどん膨れてしまう。

この負のスパイラルに陥る方は思っているよりもはるかに多く見えるそうです。

自己破産手続は
・財産を現金に換え債権者に配当(分配)する

・残った借金を免除する

持てる財産をすべて処分し債権者に順次配当(債権額の比率)していきます。
そこまでしても借金が残ってしまった、その時には残り分は免除してもらう。
これが一般的に自己破産と呼ばれる手続きになります。

ちなみに免除してもらうことを免責といい、それを行うことを免責手続といいます。

返せなくなるかも、そのターニングポイントの見極めが未来を決めそうです。